音楽旅館SunHeroアーカイブ

GAIAXの無料HPサービスに掲載していた「音楽旅館SunHero」(2000年)~「音楽ペンションTR-fan」(2005年)のアーカイブです。
古い記事ばかりですが、よろしくお願い致します。

富士通
【富士通】FMシリーズ35年記念キャンペーン

初掲載日=2002年6月14日

韓日共同開催のサッカー・ワールド・カップという追い風も手伝って(?)、日本ファースト・アルバムを韓国人アーティストとして初めて日本のチャートの1位に送り込んだBoAは、現在は昨年疎かにしてしまった母国での活動に勤しんでいるようです。とは言っても、5月29日に韓国1集と1.5集、2週間遅れで2集の日本盤が発売になり、日本のファンも息つく暇がありませんね。(^J^)

ただ正直言って、2集の購入には躊躇しました。CCCD 仕様だったからです。CCCD については、機種によってはPCが壊れることもあるとか、ある有名なソフトでは普通にHDDに音楽ファイルを取り込めた(録音できた)とか、AVEX商品の不買運動のスパム・メールがネット上を駆け巡っているとか、・・・・様々な情報が結構飛び交っているようですね。

続きを読む

初掲載日=2002年6月16日

さて、CCCD というコピー・ガード機能が完全ではない音楽CDの発売で先陣を切ったAVEXは、同時に通販サイトの販売規制にも乗り出しています。既にAVEXが指定してきた商品の販売を一時見合わせているサイトもあるようです。私が調べた限りでは、下記のような状況です。

  ★販売自粛中サイト⇒韓国市場、K-POP STATION
  ●販売継続中サイト⇒HMV.co.jp、YESASIA、セトネット、K-POPS.com

HMVを除けば、日本に活動の本拠があるサイトは販売自粛を余儀なくされたという感じです。どのサイトも韓国の正規盤を日本向けに販売しているのに、あるサイトには以下のような警告がAVEXからあったそうです。

続きを読む

初掲載日=2002年6月18日

当初、日本盤も出揃ったので、もう一度BoAのキャリアを振り返ろうと思ったのですが、話がどんどん脱線してしまいました。どうせならとスレッドを別にして私見を述べましたが、音楽も商売のネタとなると水面下では利益を守るための陰湿な駆け引きが展開されているわけです。

幸いBoAは順調すぎるくらいに好調に右肩上がりで人気を得て、韓国人アーティストとして初めてオリコンのアルバム・ランキングで1位を獲得しました。この日本ファースト・アルバムと平行して、韓国でのセカンド・アルバムも製作していたことを考えると、15歳の少女にはかなり過酷なスケジュールだったのでないでしょうか?出来上がった作品を聞いて好き勝手なことを言う前に、BoAのそうした頑張りを誉めてあげたいと思います。

続きを読む

初掲載日=2002年6月22日

先日、某大型スーパーへ夕飯のおかずを買いに出かけた際、催事コーナーでJ-POPのCDを驚きの価格で販売していた!通常2913円のモノが軒並み1980円だった。(もっと安く売ってる所、ご存知でしたら教えてチョ! >^_^< )何やら見慣れない漢字が目に付いたので、よく見たら台湾盤だった。でも、中には裏ジャケットに小さく書かれている発売元のクレジット以外は、日本盤と見間違いそうなほどソックリなものもあったので、気付かずに買った人もいるかもしれない。

好奇心も手伝って、試しに2枚買ってみた。帰宅後さっそく開封してから気づいたのだが、よく見ると裏ジャケットの隅に小さく「日本販売禁止」の表記があった。・・・てェ~ことは、買った私も犯罪者?!(@_@) そういえば、洋楽の日本独自編集のベスト盤などには、時々「輸出禁止商品」という表記がある。それと同じ事だな。要は、高級ブランドの正規品の並行輸入が禁止されていたりするのと同様に、正規代理店とか現地法人とかの利益を守るのが目的なんだろうけど、消費者からすればケシカランことだ。

続きを読む

初掲載日=2002年6月26日

さて、もう1枚の台湾盤は、米希亞「無限精選」です。 えっ!それって誰?それって何?と思われる方も多いことでしょう。・・・・・・・・実はMISIA “GREATEST HITS”なんですよ。 MISIA 米希亞なんですね。「ベイキア」と書いて、台湾語では「ミーシャ」と読むようです。面白いですね。>^_^<

こちらは日本盤より2曲少ない11曲入りでした。密かにシークレット・トラックを期待したのですが甘かった。 今のところ最大のヒットである代表曲の“Everything”で、アッサリ終ってしまいました。 聞き様によっては、この方がスッキリしていて悪くない気もします(負け惜しみか?笑)。

続きを読む

初掲載日=2002年6月28日

CCCDをWindows PCにセットすると、通常の音楽ファイルではなく、CDエキストラ部分に収録された方(恐らくMP3よりも高圧縮な音楽ファイル)を再生するためのプレーヤーが自動起動します。はじめはCCCD上のプログラム・ファイルを読み取って動作しているだけだと思っていたのですが、そうではないことが分かりました。

プレーヤーの一部と思われるファイルがOSのドライブに書き込まれる上、レジストリも書き換えられてしまうようです。しかも、インストールの許可を求めて来ないばかりか、削除用のプログラムも提供されません。専門的な知識がないと、OSのドライブに書き込まれたファイルは削除できても、レジストリの復元は難しいと思います。

続きを読む

初掲載日=2002年6月30日

3月から騒いできたCCCDについて、今月実際に買ってみて、かなり実態がわかってきたので、その話ばかりになってしまいました(苦笑)。コメントを頂くようになって、関心を持っていらっしゃる方が少なくないことも分かりました。

少々残念なのは、私くらいの年齢の人達が買うようなCDでは、まだCCCD仕様のものが皆無に近い状況で、危惧しながらも余りに気にかけていない人が多いように思われます。一方、AVEXの主力購買層の世代(10~20代?)の人達が、CCCDをどう感じているかという情報も余り入って来なくて、歯痒い思いをしています。

続きを読む

↑このページのトップヘ